インプラント・入れ歯

歯を失ったときのインプラント治療・入れ歯治療について

もし歯を失ってしまったら、そのまま放っておかずにインプラント治療や入れ歯治療などで歯の機能をおぎなう必要があります。氷川台・平和台・としまえん・練馬春日町から通える歯医者「梅田歯科クリニック」では常に「よりよい治療」「質の高い治療」を最優先に考え、メリット・デメリットをしっかりご説明したうえで、患者様のご要望に合わせた補綴治療をご提供しています。

インプラント治療とは

インプラント治療は、歯が抜けてしまった部分の顎の骨にチタンでできた人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミックでできた自然な見た目の人工歯(上部構造)を装着する治療法です。インプラントは顎の骨としっかり結合する(根づく)ので、天然の歯のように噛む力が回復し、自然な咬み心地が得られます。

インプラント治療のメリット
  • ・セラミック製の人工歯を装着するので、見た目が自然です
  • ・自分の歯のような噛み心地が得られます
  • ・硬いものでもしっかり噛めるようになります
  • ・周囲の健康な歯にダメージを与えません
  • ・1歯の欠損から全歯の欠損まで対応できます
  • ・噛む力が顎の骨に伝わるので、骨がやせにくくなります

インプラント治療の主な流れ

STEP.01カウンセリング
まずはどのような状態(症状)なのか、どのような治療をご希望なのかをうかがいます。治療についてのご質問やお悩みなど、なんでもお気軽にお話しください。

STEP.02検査・治療計画の提案
治療開始前に詳細な検査を行います。インプラントを埋め込む患部だけではなく、口内全体の状態、歯ぐきの状態、噛み合わせなどをチェックしたうえで総合的に判断いたします。 検査では、レントゲンや口内写真撮影、歯型、フェイスボウなどを用いて噛み合わせの状態などを細かく調べ、納得の治療ができるようにわかりやすく治療計画をご提案・ご説明いたします。

STEP.03術前処置
必要に応じて虫歯や歯周病などの治療を行い、インプラント治療の準備を整えます。また、噛み合わせを整えるための準備も必要です。

STEP.04インプラント埋入手術
インプラントを顎の骨に埋め込む手術を行います。AQBインプラントを用いる場合は、麻酔後の手術時間が短く、1本あたり10~15分程度で完了します。

STEP.05手術完了
手術完了後、患者様の状態を確認し、体調が良好ならご帰宅いただけます。

STEP.06患部の確認と消毒
手術の翌日、患部の確認と消毒を行うためにご来院いただきます。前歯などの目立つ部分には、消毒後に仮歯を入れます。

STEP.07治癒期間
手術で埋め込んだインプラントが顎の骨としっかりと結合するのを待ちます。AQBインプラント治療の場合は手術後1週間ほどで抜糸して仮歯を入れ、治癒期間に入ります。その間、歯ぐきや噛み合わせなどの状態を細かく確認しながらバランスを整え、最短で1~2ヶ月程度で人工歯を装着します。

STEP.08人工歯の装着
全体的な噛み合わせ、歯の形や色などを調整し、セラミック製の人工歯を装着します。

STEP.09メインテナンス・定期健診
治療が成功しても、口内の環境が悪くなればインプラントを長持ちさせることはできません。人工歯を装着したら終わりではなく、その後も、定期的にメインテナンスを受けながら、上手にプラークコントロールをしましょう。定期健診では口内の清潔を保つほか、噛み合わせ、骨の状態、装着歯の緩みなどをチェックします。

インプラント治療はこわい?痛い?

インプラント治療を患者様にご提案した際に「怖い」「痛い」と拒絶されてしまうことがあります。インプラント治療には「痛い」というイメージがあるようですが、それは入れ歯と違って手術をしなければならないことが影響しているのかもしれません。

たしかに、「顎の骨にドリルで穴を開けてインプラントを埋め込み……」などという説明を聞くと、どうしても「痛そう」というイメージが先行してしまいます。しかし、手術の際は局部麻酔をするので術中はまったく痛みを感じません。当院では、インプラント1本あたり20分程度で手術が終わるので、途中で麻酔が切れてしまう心配もなし。「麻酔が切れたら痛むでしょ?」と心配される方もいらっしゃいますが、術後の痛みは抜歯した時と同じくらいだといわれていますのでご安心ください。

技工所と連携したインプラント・入れ歯の作製

氷川台の「梅田歯科クリニック」では、歯科技工所と連携して患者様のご希望に合った技工物をご提供しております。 インプラントの上部構造や入れ歯は、患者様の新しい歯となる大切なもの。きめ細かな調整をしながら、心をこめて作製しております。口内の変化に合わせた微調整も行っておりますので、 違和感があれば放置せず、すぐにご相談ください。

取り扱い可能な技工物

当院では以下の技工物を取り扱っております。

金属の詰め物・被せ物 セラミックの詰め物・被せ物 ユニフレックス
入れ歯 ブリッジ インプラント上部構造
ユニフレックスとは?

ユニフレックスは、入れ歯を作るための新素材です。薄くて弾力があり、バネを使わずに入れ歯を作製できるため装着感に優れ、 汚れや臭いがつきにくいという特長があります。ユニフレックスには金属を使用していませんので、金属アレルギーの方にも安心してお使いいただけます。

ユニフレックスをはじめとする「プアデンチャー」と呼ばれる入れ歯は、装着感や審美性に優れた入れ歯を安価に作製できるようにと開発されたものです。しかし、日本では保険適用外となるため高額になってしまいます。当院では多くの方に利用してもらえるよう、歯科技工所と協力して、できるだけ安価でご提供しております。

セラミック

セラミックの最大の特長は「見た目のよさ」ですが、そのほかにも以下のようなメリットがあります。

  • ・耐久性が高いので長期的に安心して使用できる
  • ・メタルフリーのため金属アレルギーの心配がない
  • ・汚れが付着しにくいので虫歯・歯周病になりにくい
  • ・小矯小歯の改善、軽度の歯並びの改善などにも使用できる
より安全で使いやすい技工物を提供するために

当院では、患者様に安心してお使いいただける技工物を提供するため、さまざまな取り組みをしております。

自然な見た目を追求
技工物を作成する前に丁寧にシェードテイキングを行って周囲の天然歯と色調を合わせ、自然な見た目をとことん追求します。
安心して使える素材
安心して使っていただけるよう、安全な素材を厳選しています。使用素材はすべて国産。健康にやさしい技工物を提供することが歯科技工所の使命です。
精密な技工物
マージン顕微鏡を用いて技工物を作製しています。「マージン」とは人工歯を被せたときの境目のこと。1mmよりもはるかに小さい、 数ミクロンというわずかな隙間ですが、それを見逃してしまったり不具合があったりすると、治療したところから虫歯になるおそれがあります。 患者様には見えないところだからこそ精密に、しっかりと丁寧にお作りいたします。
患者様に合わせたものを
噛み合わせは人それぞれ違います。正しい噛み合わせにすることは、楽しく食事と健康な生活への第一歩です。当院では患者様のお口の状況に最適な技工物の作製に努めています。
歯科医院×歯科技工所で生まれる技工物
患者様お一人ひとりのお口にぴったりと適合する精度の高い技工物を作るには、歯科医院と歯科技工所が協力し、綿密なコミュニケーションを取らなければなりません。 当院では互いに協力し合い、患者様にとってよりよい技工物を提供させていただいております。
歯科技工所概要
社名 有限会社グローバルウィンド / Global Wind Inc.
所在地 〒333-0801
埼玉県川口市東川口2-19-26第2イーストサイド10
電話番号 048-299-3864
FAX番号 048-299-3865
営業時間 9:00~17:00
休日 土・日・祝日
URL http://globalwind.co.jp/

患者様一人ひとりのご要望に合わせた補綴治療をご提供します

35.74925238064935,139.6553461349182

35.7495136,139.655668